こんにちは(^^)

今日のひとり言は

響く言葉の体験談についてお話しさせて頂きます

今のお店の場所に移転改装をする時に

美容室専門のデザイナーさんにデザインして頂いたんです

私の希望と流行るサロン造りと言う観点から見て

考えて下さったのですが

デザイナーさんとのやり取りの中で

静かにいつまでも響いてる言葉があるんです

「久保さんをイメージしてデザインしてみました」

って言ってサロンのデザイン画を見せて下さったんです

一見何でもない様に聞こえるかもしれないですが

これが

「久保さんに似合うと思ってデザインしてみました」

って言われていたら私ちょっとしんどかったと思うんです

私が偏屈な人間って思うかもしれないですが(^◇^;)

イメージしてって言うのは

あくまでその人が他人と言う目線で客観的に私を見て

自然とイメージとして湧いてきたものだと思うんです

ですが

似合うと思ってと言う言葉だと

自然さよりその人の今までの経験や価値観が

大きく入っているように聞こえたと思うんです

(もちろん似合うと言う言葉が大事な時も多々あります)

最初は

なかなかデザインがしっくり来ていなかったんですが

その言葉で私の気持ちはガラリと変わりました

一変によく見えて来たんです! 笑笑

何でしょうね(^^;;

男性のデザイナーさんだったので

私が選ばない様なチョイスでデザインしてくれるので

なかなか入って来なかったのが始まりでしたが

自然に客観的に私を見ると

こういう感じが似合う様に見えているんだなと思うと

スーッと受け入れられたんです

このデザイナーさんは

意図してこの言葉を使ったのかどうかは

分からないのですが

私にはいつまでも響いている言葉です

もちろん

素敵にデザインして下さった今のサロンを

気に入っています♡

私を含め、

無→有 を作る時一デザイナーの醍醐味って

こういう所にあるのかもしれないって思った体験でした(*´꒳`*)