おはようございます(^^)

GWも終わってあっという間に

日常に戻りましたね〜

先日

ある本で茨木のり子さんと言う詩人の方の

詩が載っていたのを読みました

その詩のタイトルは

「わたしが一番きれいだったとき」

内容はと言うと…

この方の生きていた時代が詩の背景となっていて

戦時中のやるせない気持ちと

でも

そこから自分はどう生きるかが書かれた詩でした

すごく素敵な方だなと思いました

詩の内容とは別に

この…わたしが一番きれいだったとき…と言うフレーズ

私はここにすごく心惹かれました

誰かに美人とか可愛いとかって評価されて

きれいだった時があったのではなく

自分で

自分がきれいだった時がある事を表現されています

どの時点をきれいだった時と思うのかは…自分

何を基準にきれいだったかを測るのも…自分

若かった時と言う表現はよく聞きますが

きれいだった時と言う表現をされる方は

なかなかいないと思います

必ず自分にその時があったと言う事を

自分で認められるってすごく素敵だな〜と感じました

他人の基準や若さが基準ではないとなると

自分のものさしひとつ

なんだったら現在進行形でもイイですよね♡

そんな生き方考え方って

オリジナルのキレイを創り出せるんじゃないかな〜と思います

(^^)